自転車活用推進研究会


ニュース

九代目自転車名人は石井雅史さん・小泉昭男さん


自転車活用推進研究会は、九代目自転車名人として石井雅史さん(パラリンピック金メダリスト=写真右)と小泉昭男さん(元参議院議員=写真左)を選出し、2021年11月19日に発表online会見を行いました。

授賞理由は、次の通りです。

九代目自転車名人 石井雅史殿

 あなたは類い稀なる競技能力を活かし、競輪選手として輝かしい実績を残しつつある途上で不幸な事故に遭遇し、再起不能と言われながら不屈の精神と血の滲むような努力を重ね、北京オリンピック・パラリンピックに於いて、わが国自転車競技初の金、銀、そして銅メダル全てを獲得するという快挙を成し遂げられました

その栄誉の背後に積み重ねられた普段の努力と、度重なる事故から立ち上がる不撓不屈の心は、後輩たちの奮起を促し、多くの子どもたちに親しく生身の姿で接することを通じて、自転車への愛とその素晴らしさを伝える存在であり続けています

 自転車の市民権確立を目指す自転車活用推進研究会は、こうした功績に深く感謝し、あなたを「九代目 自転車名人」として認め、その自転車ライフを永く語り継いでまいります

九代目自転車名人 小泉昭男殿

 あなたは参議院議員、農林水産副大臣として国政に参画するかたわら、超党派の国会議員で組織する自転車活用推進議員連盟の初代プロジェクトチーム座長として、自転車活用推進法の原案となる提言書をまとめ、我が国の自転車利環境を抜本的に改善するための最初の一歩を記してくださいました

その提言は、国会までの約三〇kmを自転車通勤し、自らをサイクリストとして鍛え上げた実感から生まれました。また、政界引退後は愛車のマホガニーバイクで全国を行脚することで心と身体の健康長寿を実践し、世代を超えて敬愛されています

 自転車の市民権確立を目指す自転車活用推進研究会は、こうした功績に深く感謝し、あなたを「九代目 自転車名人」として認め、その自転車ライフを永く語り継いでまいります

九代目自転車名人発表online会見

初代の故・忌野清志郎に始まり、鶴見辰吾、勝間和代、片山右京、谷垣禎一、渡辺航、石井正則、道端カレンと、2年ごとに自転車活用推進研究会が選んできた「自転車名人」の九代目を11月19日に発表します。今回はzoomを使ったオンライン会見です。授賞式は来春開催されるサイクルモードインターナショナルのメインステージで開催する予定です。

  1. 自転車名人の歴史と選考の考え方
  2. 九代目自転車名人の発表
  3. 受賞者の挨拶
  4. オンライン会見(質問もオンラインでのみ受け付けます)
日時
11月19日(金)17時から(1時間程度を想定しています)
場所
自活研ZOOM会議室(事前登録が必要です。会議室URLとパスワードを11月17日午後に発信されたEメール宛にお送りします)
定員
90名(恐縮ですが先着順で定員になり次第締め切ります)
資料
プレスリリース、宣材写真・映像などは当日、登録者に提供します。
締め切り
11月17日正午
一般の方
傍聴希望が多ければウェビナー(質問不可)を開設します。希望者は下記からお申し込みください。