自転車活用推進研究会


ニュース

『パーキングプレス』誌連載


「自転車社会の環境改善を目指して」

回数筆者タイトル
0001小林 成基「自転車をクルマの機能の一部を代替する交通手段として安全快適に利用できる環境の実現」を目指す
0002内海 潤自転車のルールを学ぶ「自転車検定」を通してクルマ脳に染まりきったニセ常識から脱却する
0003亘理 章「混合交通の復活」と「道路交通の優先権の規定」を
0004多賀 一雄自転車文化の向上も期待できる自転車を使った新しい観光スタイル
0005秋山 岳志「産業革命」のインフラを活用して「自転車革命」を促進するイギリスの知恵と戦略
0006斎藤 純東日本大震災と自転車
0007瀬戸 圭祐「スポーツバイクの楽しみ」とは
0008佐藤 隆「ママチャリ」がおかれている現状とは
0009齋藤 勝「PORTLAND-Sunday Parkways」に見る町づくり
0010川村 善久「自転車道」という歩道
0011石田 博敏欧州自転車事情〜ユーロバイクが見たオランダ・デンマーク〜
0012〜13三室 敏明自転車運転者講習導入を前に(その1〜2)
0014高橋 大一郎エネルギーを考えた交通社会
0015井坂 洋士「クルマ社会」の歴史と未来
0016井坂 洋士・高橋 大一郎『自転車ルール教本』の制作
0017岡田 由佳子大阪・御堂筋で始まった「自転車に優しいまちづくり」
0018岡田 由佳子「高齢者、自転車。まちづくり」の立場から考える
0019藤田 有佑駐輪料金の相場と費用負担について
0020岡田 由佳子一人ひとりの交通安全意識の向上が環境改善の基盤
0021島方 則正自活研に入会してからの第二の人生
0022藤本 典昭今、求められる役割とは
0023藤本 典昭自転車利用環境向上を目指した自転車イベント「御堂筋サイクルピクニック」
0024橋本 慎一自転車が歩道を走り始めた日
0025藤本 典昭自転車利用環境整備に想うこと
0026原 俊一茅ヶ崎と自転車についての一考察
0027葛西 純自転車サービス“ナビチャリ・プロジェクト”国際展示会での経験から現在までの取り組み
0028韓 祐志被災地を忘れないこと、応援し続けることの価値「ツール・ド・三陸」
0029〜30藤高 勝己自転車による「まちづくり」に必要なツール〜しまなみ・ゆめしま「サイクランリング」を体験して〜
0031山田 欣作フォールディングを愉しむ
0032顧 哲哉自転車通勤を会社に正式に認めてもらうまで
0033三浦 清洋小さなまちの大きなとりくみへの第一歩
0034沖本 信之自転車によって広がる仲間の輪
0035高橋大一郎・井坂洋士『自転車ルール教本』を使った指導者育成
0036中村 利恵自転車で楽しむ カナダ ケベックシティ
0037松本 東喜雄お役所は駐輪難民を救助できないのか?
0038村井 裕静岡市「自転車利用計画」その背景と課題 自転車先進都市を目指すために、今、求められているもの
0039〜42松浦 是自転車通勤で会社は強くできるか!!①〜④
0043藤本 芳一「ビワイチ」を通じて自転車が使いやすい社会をつくる・輪の国びわ湖推進協議会の活動
0044中村 利恵ヴェロ・シティグローバル2016 in 台北レポート 垣根を越えた台北での自転車国際会議
0045北方 真起家族が笑顔で暮らせるために
0046松田 志行フレームビルダーという仕事について
0047〜49吉田 満実録・自転車酷道(1〜3)
0050上橋 義弘改正道交法施行から一年 自転車運転マナーは 向上しているか
0051上橋 義弘自転車は交差点では どのように走る? 〜オランダにみる自転車レーンの交差点処理〜
0052小林 成基クルマ側の共存意識の醸成こそ交通整序化の端緒
0053内海 潤自転車活用推進法の成立で何が変わるのか
0054髙島 亮太バスと自転車の共存プロジェクト 〜自転車利用者向け死角体験会の取り組みについて〜
0055松富 毅伊豆半島から「思いやり1.5m運動」で「オリンピックレガシー」を作ろう
0056村上ひとみ自転車レーン整備をめぐる市民団体「うべこまち」の活動